予防接種

当院では、わんちゃんやねこちゃんの健康を守っていくためにさまざまな予防接種を行っています。月齢や生活環境に応じて必要な予防接種のご相談もお受けしておりますので、お気軽にお問合せください。

わんちゃんのワクチン

伝染病予防ワクチン

ウイルス感染による伝染病を予防するワクチンです。混合ワクチンで急性の伝染病を予防することができます。多くのわんちゃんが接種している非常に大切なワクチンです。
生後2ヵ月で1回目、生後3ヵ月で2回目のワクチンをお受けいただきます。その後は効果を持続させる目的で定期的な接種が必要となります。

狂犬病予防ワクチン

1年に1回の接種が法令で義務付けられている予防接種です。ワクチン接種後に市区町村への登録を行ってください。混合ワクチンを3回接種した1ヵ月後にお受けいただきます。

フィラリア症

心臓内や肺動脈に細長い虫が寄生する病気をフィラリア症といいます。蚊を通して犬から犬へ感染するため、夏には感染率が上がります。まずは血液検査をして、問題がなければ5月頃から予防薬を投与しはじめ、12月までは1ヶ月ごとに予防薬を服用させます。予防することで100%予防することができますが、発症すれば完治が非常に難しい病気ですので、しっかり予防接種をお受けください。

ねこちゃんのワクチン

混合ワクチン

1~3年ごとにワクチンを接種していただきます。基本的に、猫ウイルス性鼻気管炎、猫カリシウイルス感染症、猫汎白血減少症などを同時に接種できる混合3種ワクチンを打っています。生後2ヵ月で1回目のワクチン接種をお受けください。

猫白血病ウイルス感染・猫免疫不全ウイルス感染症

猫白血病ウイルス感染と猫免疫不全ウイルス感染症は、感染頻度が高く症状の重い病気です。有効な治療法がないため、感染してしまうと改善が難しくなってしまいます。そのため、予防接種が非常に大切となってくるのです。生後9週間からの接種が可能となります。

PageTop